生理不順

*

生理不順

現在、若い人を中心に多いと言われている生理不順。そのままにしていると、いざ赤ちゃんが欲しいと思ったときになかなか妊娠できないことも。
排卵日を特定することも難しくなりますから、妊娠したいけど生理不順…という場合は改善できるよう取り組んでみましょう。

生理不順って?

通常の生理は25〜38日周期で、1回の生理は3〜7日程度で終了します。これ以外の期間で生理になってしまうことを生理不順といいます。
通常の生理周期でも長いときや短いときなどがあるのですが、この差がなかなか一定にならないときも生理不順になります。

女性の体はちょっとしたストレスや体調の変化で生理周期が変化するほどデリケート。2〜3日程度の変動はよくあることですが、3週間程度で次の生理がくる、10日以上も生理がだらだら続くといった場合は生理不順だと言えます。

つまり生理不順というのは、ストレスや体調不良の際に自律神経が乱れてしまい、そのせいでホルモンバランスが崩れて生理周期に影響をきたしてしまうということです。

このまま生理不順だと妊娠できないの?

生理不順だと、このままじゃ妊娠できないの?と思うかもしれませんよね。生理不順と妊娠がどのような関係になっているのか、見ていきましょう。

結論から言いますと、生理不順=妊娠できないということではありません。
しかし、通常の生理のように定期的な排卵が起こらないことから、基礎体温を測ってもなかなか排卵日を特定することができませんし、その結果妊娠するチャンスが少なくなることに繋がります。
基礎体温を測っている場合なら、体温が急に上がり始めてから「もしかして排卵だったのかな?」と気づくことも。妊娠できるタイミングも逃しやすくなるというのもわかりますね。

生理不順だからといって妊娠できない、ではなくて「妊娠しづらい」ということなので安心できるかもしれませんが、あまり長く生理不順を放置していると妊娠しにくくなってしまうので注意が必要です。

ただ、次のように心配しなければならないケースもあります。

<周期が短い>
生理周期が極端に短い場合、排卵がないまま生理が起こっているという「無排卵月経」の可能性が。排卵をしていないということは妊娠ができない状態ですから、排卵を起こす治療が必要となります。

<周期が長い>
長期間にわたって生理の間隔が開き続けているという場合、生理がこなくなってしまう無月経になる可能性があります。生理が長期間こないということは卵巣の機能が正常ではありませんから、排卵が起こっていないためやはり妊娠できません。
卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、生理不順のほかにも冷え性になってしまったり、精神不安定、不眠症などいろいろな症状が現れますので、生理不順が極端だという場合には注意が必要です。

生理不順の原因って?

多くの女性を悩ませる生理不順ですが、まずその原因を知ることが大切ですね。妊娠しやすい体作りを進めていくためにも、生理不順を改善していけるようにしましょう。

まず、生理不順の原因を見ていきましょう。生理不順の原因はさまざまです。
<生理不順の原因>
・ストレス
・食生活の乱れ
・ダイエットなどの急激な体重変化
・睡眠不足

特にダイエットなどは体にかかる負担が大きいので、卵巣の機能がストップしてしまうことも。ダイエットするときには急激に体重を落とすのではなく、ゆるやかに減量できるようにしてください。逆に急激に太るのも体に負担がかかって生理不順の原因となるのでご注意を。
また睡眠不足や食生活の乱れなど、精神的・肉体的に負担をかけてしまうことがやはり原因となりますので、こちらも注意してみてください。

生理不順の具体的な改善策とは?

生理不順を改善するには、何をしていけば良いのでしょうか?自分の生活を見直して、妊娠しやすい体作りを目指していきましょう。

女性の生理はとてもデリケートで、生理には女性ホルモンがとても深くかかわっています。このホルモンは、視床下部から分泌されるよう命令が出るのですが、この働きが乱れたり血行が悪くなることでホルモンが届きにくくなり、生理不順につながってしまいます。
ですから、生理不順を改善させていくためには「ホルモンバランスを整える」ということが必要なのです。また、さらにそのホルモン分泌を命令する視床下部の働きを安定させることも大事ですね。
そのために、冷え性やストレス・睡眠不足といったものを解消させましょう。

そのほかにも、このような方法があります。

<ホルモン療法>
体内のホルモンバランスが乱れた結果、生理不順となっている場合に有効な治療です。専門医を受診して、ホルモンを補う薬を使います。

<ビタミン療法>
血流が悪いために生理不順となっている場合、ビタミンEを服用して治療を行うのがこのビタミン療法です。
ビタミンEは、視床下部へ働きかけてくれる効果があるためホルモンバランスを整えてくれる効果があり、血行促進や毛細血管を広げてくれる効果もあるので冷え性改善に役立ちます。

<生活習慣の改善>
食生活・睡眠不足・運動不足などが原因の場合、自分で改善することができる方法です。長期的な改善方法とはなりますが、費用もかからず最も効果的な方法です。

<血流改善>
血行を良くすることで、ホルモンや栄養素を体に行き渡らせることができます。血液を循環させることで生理不順の改善や生理痛の改善にもつながりますので、入浴や運動などで血流を良くしましょう。

<マカで改善>
マカにはホルモンの分泌を促す効果があります。マカのサプリメントなどを服用することでホルモンバランスが整い、実際に生理不順も解消されたという例が。
手軽に手に入るものですから、一度試してみるのも良いでしょう。

生理不順関連ページ

生理について
女性に生まれたからには必ずついてくるのが「生理」です。特に、妊娠したいと思っている女性はこの生理に関するトラブ […]