着床出血ってどんな症状?「いつ」「量」など

*


着床出血ってどんな症状?「いつ」「量」など

妊娠を意識している時期に気になる言葉で「着床出血」というものがあります。この言葉が注目されているのは、妊娠検査薬との関係が非常に深くあるのですが、赤ちゃんを授かりたいを思っているママにとってはとても気になる事です。

また着床出血は誰にでもおこる事ではないのですが、多くのママ達にとっても妊娠する前にそういえばちょっと出血があったと報告はけっこうあります。これがもしかしたら着床出血というものかもしれないという時に見られた色や量、いつ頃の時期に?などの気になる事を紹介していきます。

今回のテーマ
着床出血

着床出血はどんな症状?

妊娠が発覚す時期というのは精子が卵子と出会い受精卵になってから受精卵が子宮内に着床することでホルモンの変化が起こる事で妊娠検査薬に反応を示すようになります。

この時に子宮内膜にくっつく事を着床といい、その際に受精卵が子宮内膜の表面を少し溶かしその時に少しの出血を起こし、結果的におりものの中に血液が混ざった状態が着床出血という状態です。この状況は妊娠超初期の頃におこる症状として知られるようになりましたが実際には確率的には2%位の人にしか起こりえない症状です。

もちろんこの他にも、着床した事が要因となって出血する事も着床出血と呼ばれます。

着床出血が起きた場合、妊娠に影響はあるのか?

子宮内膜に着床する時に少量の出血がおこる事で起きる着床出血ですが、気になるのは妊娠への影響があるのかということです。
医学的には、この着床出血が見られたからといって妊娠に影響があるという報告は上がっておらず、妊娠したかも知れないサインとして知られています。

着床出血の量や色、いつごろ起きるものなのか

着床出血の量
着床出血はおりものが出る時に合わせてでるものですが、混ざった状態ででてきたり、混ざらずに出るときもあるようですが、出血量は少量であることがおおいようです。中には生理のときと同じくらいの出血の方もいらっしゃいます。

着床出血の色
色に関してはその状況や出血量によって個人差があるためアンケートによって調べた結果からいくつかのタイプがあるようです。
・生理のときとは違いドロッとした茶色い状態
・うっすらとした出血が2〜3日続いた
・通常の生理と変わらない

などとなかなか判断の難しいものですが、その後、妊娠がわかりもしかしたらあのときの出血が着床出血だったのかもと知る事が多いようです。

着床出血はいつ頃おきる?
着床出血がどのような状態でおこるもなのかはわかってもらったとして、いったいいつ頃に起きるものなのか?となります。
これは生理予定日の1週間前〜生理予定日間での間でおこるものです。
受精卵が卵管を通り子宮内膜に達する時期と重なり少しチクリとした痛みが起きた後に着床出血を確認する事があるようです。
出血自体はいつまで続くのだろうと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、平均で2〜3日程度で治まるようですが、中には1週間程続いたと言われる方もいらっしゃいます。

生理と着床出血の違いはなに?見分けるポイント

妊娠が発覚した後で考えるとあのときのは着床出血だったのかもしれないというのはわかるのですが、ほぼ同じ時期に生理の予定日です。
そこで気になるのが生理と着床出血の違い。実際には多少の違いはあるもののよくわかりづらいものです。
見分けるポイント二なるのが基礎体温です。
普段から基礎体温を付けられている方なら見た事があると思いますが生理の場合は生理初日から排卵日までの間徐々に基礎体温はさがっていきます。
しかし、妊娠(着床)をしている状態になると女性の体からは「プロゲステロン」という女性ホルモンが分泌するようになり基礎体温は下がらず、高温期のような状態になります。
この違いは個人差がある事も多いため100%というわけには行きません。中には低温期の時にもあまり基礎体温が下がらない方もいらっしゃいますので、あくまでもこのような状態になりやすいという目安にする程度にしてください。

このように高温期が2週間以上続いている状態は妊娠初期症状としてもあげられているもので、熱っぽくなるなどの症状がある場合は授かっている可能性があります。

着床出血になった時に気になる流産

良く間違えられるタイミングではあるのですが、着床出血が起きた時に流産してしまったと勘違いされる方もいらっしゃいますが、着床出血自体は自然に起こりえる事です。
受精卵が子宮内膜にくっつく時や臍帯(へその緒)の元になるものを形成しているときなどは着床した部分に血液が集まりやすく、出血を起こしやすい状態でもあるため、慎重になりましょう。

着床出血が見られたときは妊娠の兆候や症状が出ていないか慎重になろう

生理とは少しの違いしかない着床出血ですが、妊娠の可能性があるため、この症状だけでは判断が難しい時です。妊娠検査薬もまだ反応が薄い時期のため妊娠特有の妊娠初期症状や兆候などと合わせて確認をしてみましょう。

妊娠検査薬も着床出血のあと1週間〜10日ほどで反応が出るようになるころです。それまで、待ち遠しいですがゆっくりと経過をすごすようにしましょう。

まとめ

この着床の時に出血が起こる時が見られる方もあり、そのときに生じる出血が着床出血といわれる症状になります。

ただ、着床出血は妊娠したら必ず起こるというものではなく、個人差もあるため妊娠の確認の方法としては比較的曖昧な部類に入りますが、ご自身の体に妊娠してから起こる体の変化が見られるのはこの着床の後からという事もあって近年注目されているのが着床出血です。

着床とは
卵子の中に精子が入りそこで受精卵が誕生します。そこから受精卵は細胞分裂が始まり48時間かけて卵管を通って子宮へ到達すると子宮内膜の部分にくっつきます。
そのくっついた状態になった事を着床といってこの事を持って「妊娠した」という状態になります。

着床出血はどのくらいの出血が起こるものなの?

着床出血の際にでる血液の量、は気になりますね。出血という言葉だけでドバっとでてしまったりしないのか?など心配される方も多いのですが、そこまで多くの出血は無い場合がそのほとんどです。

粘液と混ざりあって色も赤みっぽいものから薄いピンク色やほとんど出血が見られないけれど、何かしらおりもののようなものが出たなどという方もいらっしゃいます。

着床出血の量
出血量は個人差があるものですがティッシュにちょこっとつくくらいから生理の時の出血と変わらないくらいというものまで様々です。

着床出血はどの位の期間起こるもの?
どの位の期間出血が起こるのか?という事に関しては、様々な妊娠体験をされた方からの体験談などをまとめてみると、2〜3日位続いた方から1ヶ月位続いたというかたまでいます。

この着床出血の期間に関しても普段からきちんと生理が行われている人の場合にあてはまるもので、生理不順等がある方にとってはあまり参考にならない事もあります。

その理由として、不正出血という症状である場合もあるためです。

着床出血と生理による出血の違いはわかるの?

妊娠した際に起こる着床出血と生理による出血の違いというのは実は見分けるのはとても困難です。色による違いもピンク色や茶色、無色であったりと生理のときに現れる症状と大差ありません。


着床出血ってどんな症状?「いつ」「量」など関連ページ

不正出血とは?いつごろ?病気の可能性や原因を知ろう
「不正出血」という言葉をご存知ですか?妊娠期間中に気になるのが出血に関する事は多く取り上げられるのですが、女性 […]