適正体重を知ろう

*

適正体重を知ろう

妊娠しやすい体作りに欠かせないのが、体重の自己管理。太りすぎも痩せすぎもいけませんから、適正体重でいることはとても重要なことです。
適正体重でいることによって、いざ妊娠したときや出産のときにも不安が軽減されますので注意しておきましょう。

自分の適正体重を知るには「BMI」をチェック

普段はあまり意識しないと思いますが、適正体重を知るにはまず「BMI」を計算してみましょう。
このBMIは自分の体が痩せているか、標準的か肥満なのかなど知ることができますので、ぜひ知っておいてください。

BMIの計算方法は「BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」です。

たとえば、身長が158cmで体重が50kgの人の場合は「50(kg)÷1.58(m)÷1.58(m)=20.02」となります。
BMIは一般的に「22.0」が理想の数だと言われていますが、これは22.0のときが一番病気になりにくいというデータがあるから。この場合だとやや痩せ気味〜標準のレベルとなりますね。

ちなみに、一般的な標準体重での場合では「BMI18.5〜25.0」だと言われていますが、妊娠を意識している人のBMIでは「24.0以上は肥満」だと思ってください。
BMIが24.0を超えてしまうと不妊の原因となる排卵障害が起こりやすくなると言われていますし、24.0以下の人と比較してもなんと50%も不妊の確率が上がってしまうからです。

適正体重でないとどうなってしまう?

もし肥満のままで妊娠してしまうと、どういった影響があるのでしょうか?もちろん肥満だけに限らず痩せすぎも同じですが、妊娠するために適正体重でいることがたどれだけ大切なのかしっかり把握しておきましょう。

肥満や痩せすぎの場合は、生理不順を起こしやすくなります。また、排卵障害が起きやすくなってしまうため、不妊の確率も上がってしまいます。
肥満の場合は、血糖値を下げるために体の中でインスリンが分泌されるのですが、このせいで男性ホルモン分泌量が増えてしまい、排卵障害が起こって不妊になるのです。

逆に痩せすぎではどうでしょうか?
BMIが18.0以下になると女性ホルモン少なくなってしまい、生理が止まりやすくなります。これは排卵自体が止まってしまうので、妊娠ができないということに。
万が一痩せすぎのままで妊娠してしまうと体にかかる負担も大きくなってしまうので、自分の身を守るために排卵しないようストップさせているのではないでしょうか?

つまり、肥満であっても痩せすぎてあってもどちらでも妊娠するためにはリスクがあるということ。
適正体重の範囲内であれば妊娠時にも必要なホルモンが分泌されるので、妊娠を望む方はまず適正体重を目指していきましょう。

適正体重を知ろう関連ページ

ストレス対策
ストレス。万病のもとと言われるストレスですが、それは妊娠したいという方にとっても例外ではありません。ストレスを […]
妊娠にむけての運動
妊娠しやすい体作りをすすめていくのに欠かせないのが運動、特にウォーキングがオススメ。誰でも、いつでも、好きな時 […]
ストレス対策
ストレス。万病のもとと言われるストレスですが、それは妊娠したいという方にとっても例外ではありません。ストレスを […]
妊娠にむけての運動
妊娠しやすい体作りをすすめていくのに欠かせないのが運動、特にウォーキングがオススメ。誰でも、いつでも、好きな時 […]
女性の冷え性
女性は冷え性持ちの方が多いというのはみなさんご存知ですよね。その冷え性が、なんと不妊の原因になり得るということ […]
たばこ
「百害あって一利なし」とも言われる嗜好品が、たばこです。 喫煙者率はぐんと減ってきてはいるものの、たばこを吸っ […]
妊娠しやすい食事
食事は体に必要な栄養素を摂取したりするだけでなく、妊娠しやすくなる体を作る基本です。また、妊娠に関係なく自分の […]