離乳食の初期(5・6ヶ月)

初めての離乳食は、ママもドキドキ!どんな様子が見られたらスタートすればいい?いつごろ、どんなふうに食べさせればいい?そんな基本的な疑間を解決していきましょう。

この記事ではこれから始まる離乳食の初期の頃の食べさせ方やコツなどを紹介しています。
はじめて口にする柔らかいとはいえ固形物ですから、赤ちゃんもびっくりしてしまう事もあります。
初期の頃ならではの楽しみでもありますが、食べてくれないのもママとしては心配になりがちです。

ここでは、これまで様々なママ達がチャレンジしてきた離乳食の初期のころにおすすめの食べものやコツなどを紹介していきます。

さぁ!ご飯よ!ではなかなか食べてくれない時です

赤ちゃんの離乳食、ママやパパにとってもはじめてのこと、もちろん赤ちゃんにとってもはじめての経験になります。よく離乳食はいつごろから始めるものなのかという質問を受けることがありますが、おおよその目安としては5ヶ月〜6ヶ月ころには離乳食をスタートされるとよいでしょう。

ただ、赤ちゃんの発育等によって個人差があるというもので、注意深く赤ちゃんの興味の先が食べ物にとおもったら離乳食を始めるタイミングととらえても良いかとおもいます。
離乳食はいつから与えて良いものか?と思われる方もいらっしゃいますが、この後、離乳食の進め方と初期のころのコツなどを見ていきましょう。

離乳食の進め方は基本的にはすりつぶしたもの、まだまだ固形物などはハードルが高いためゆっくりと赤ちゃんのペースをリードしながら進めていきましょう。

離乳食を始めるタイミングはいつ?

離乳食の初期にあたる時期は赤ちゃんの生後5 ・6カ月ごろ、母乳・ミルクを欲しがるリズムが安定してきたら、そろそろ離乳食を始めましょう。まずはママやパパが楽しく食事をしている様子を赤ちゃんにも見せてあげます。

食べている様子を見ながらよだれが出てきたり、食べ物に手を伸ばすようになったら、赤ちゃんが「食べる」ことに興味を示したサイン。赤ちゃんの体調や機嫌をみて離乳食にトライしましょう。

食べものに興味を持ち出したら早い時期でも食べてみたいと思い始めた赤ちゃんの初期の反応です。食べても良いのか?と思われたときは行きつけの産婦人科等で相談してみましょう。

ポイント
指しゃぶりが始まった赤ちゃんは、興味のあるものを目で確認することを覚えます。そんな様子が見られたら、指先で唇や頬を触って刺激して。スプーンを受け入れやすくなります。

赤ちゃんの様子と離乳食の進め方

離乳食の進め方で大事な目安として、赤ちゃんが食べ物に興味を持ち始めるというものがあります。指シャブリなどもその一つの現れですが、ママやパパが食べ物を食べているのを見て興味深そうに見るようになったら「食べてみたいな」のしるし。「これはごはんだよ。○○ちゃんもそろそろ食べてみようか」など言葉をかけてあげましょう。

月齢の目安
それまでの発育・発達が順調であれば、5・6カ月ごろを目安に離乳食を始めてよいでしょう。ただし、日に入れたスプーンを舌で押し出すようなら、まだ少し待ちましょう。

体の発育
首が完全にすわり、腰もだいぶしっかりしてきましたが、まだ1人で座るのは難しい時期。離乳食タイムは、ママが抱っこして口に運んであげましょう。大好きなママの腕の中なら赤ちゃんも安心。

心の発育
視覚や聴覚も発達し、いろいろなものに興味が出てくるとき。気になるほうヘ体を動かしたり、手を伸ばすようになります。ママやパパなど、いつも近くにいる人の食事の様子にも興味を示し始めます。

舌や口の動き
これまで母乳やミルクだけを飲んできた赤ちゃんの舌は前後にしか動かず、唇を閉じるのが苦手。離乳食を口に入れても、すぐにこぼれてしまいますが、あせらず根気よく与えましょう。

授乳と離乳食の進め方のバランスを知ろう

離乳食をいざ始めるとなると、迷ってしまうのが、いつから?どのタイミングで離乳食を進めていくのかなということです。

これから離乳食にチャレンジしようと考えている初期の頃は、はじめての赤ちゃんの場合なかなか判断が難しいと思われるかもしれません。

初期のころは離乳食はなるべく午前中の授乳タイムに離乳食を与えて。離乳食を始めて1カ月が経ったら1食目の時間は動かさず、午後にもう1食をプラスします。離乳食後は母乳やミルクを欲しがるだけ飲ませてあげる、というように始めのうちは赤ちゃんにとっても負担がないように進めてあげることが大事です。

時間の目安
離乳食を始める際に大切なのが、授乳と睡眠のリズムです。初期のころは、とくに母乳のママは、赤ちゃんが泣くとすぐに母乳を与えてしまいがちです。赤ちゃんは常に満腹なため、離乳食を食べてくれません。日中は母乳以外の泣きもあるので、頻回授乳にならないようにしましょう。

リズムができてきたら、いよいよ離乳食の初期のスタートです。まずは1日1回、赤ちゃんが活発に動く、午前中の授乳タイムに組み込むといいでしょう。授乳の前に離乳食をあげましょう。

母乳と離乳食の栄養の割合はどのくらい?

離乳食の期のころは母乳やミルクをきちんと飲んでいれば、栄養不足の心配はまずありません。

初期の頃に特に大事なのは離乳食から栄養をとろうと考えるより、スプーンの感触に慣れたり、おいしい、楽しいと思える環境づくりが大切です。

栄養のほとんどを母乳やミルクから摂取します。離乳食のあとは欲しがるだけ与えます。

赤ちゃんの離乳食の食べ方の練習期間です

これから始まる赤ちゃんの食の練習期間が離乳食になります。ご飯を美味しく食べてくれるとママとしても嬉しい限りですが、初期の頃は何かと苦戦する事もあります。
食べてくれるサインは様々ありますが、ここに書いているような事を初期の練習として考えて見守ってみましょう。

まずは唇を閉じる練習。こぼしても再チャレンジしてみよう
口の動き
スプーンにのったポタージュ状からペースト状の離乳食を、上下の唇ではさみ取るように口の中に取り込みます。
スプーンを引き抜くとそのままごっくんと飲み込むようになってきます。口から出たものはもう一度すくって口の中へ。

舌の動き
このころの赤ちゃんは乳首をくわえて吸うために、舌が前後にしか動きません。
離乳食を食べるようになると、舌の動きに合わせて徐々に舌の上の食べ物を国の奥へ運び、ゴクンと飲み込めるようになってきます。

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんにとって母乳やミルク以外の初めての味、大人と同じ食事への第一歩はおなかに負担がかかりにくい食材から。なめらかなポタージュ状にしてあげましょう。

まだまだ慣れていない時期ですので、きちんとすりつぶしたもの(ポタージュ状)のものからはじめてみましょう。

離乳食の初期の味付け・固さ・大きさ・量など

徐々に大人が食べているもと同じ物を食べれるようになる訓練の時期ですが、離乳食の初期の食べものはすごくふにゃふにゃした状態のものばかりです。離乳食を始めたばかりの初期に食べさせてあげるものの味付け・固さ・大きさ・量などを知りましょう。

かたさ、大きさ
すりつぶした10倍がゆなどなめらかなポタージュ状から始めましょう。
スプーンを傾けるとタラタラと落ちるくらいが目安。慣れてきたら、おかゆをすりつぶすだけにして、少しずつ水分を減らしてみます。水分を減らして食べないようなら、またもとのかたさに戻すなど、赤ちやんの食べ方を見ながら進めましょう。


スタートはどの食材も1さじから始めます。赤ちゃんが食べている様子や食べた後の肌やうんちなどを見て、変わったところがなければ、次の回から量は赤ちゃんの食欲にまかせましょう。

味付け
赤ちゃんの未熟な消化器や腎臓に負担をかけることを防ぐため、基本的にこの時期は塩や砂糖、油脂などの調味料は使用しません。赤ちゃんは本能的に甘みを好みますが、米やいも、かぼちゃなどの食材の持つ甘教で十分です。慣れてきたらだしや野菜スープのうまみをしっかり味わわせてあげましょう。

離乳食の初期に気になったことQ&A

Q.まだおすわりができませんどんな姿勢で食べさせれば良い?
A.最初は抱っこで上体を起こしてあげる

離乳食にチャレンジする初期のころの赤ちゃんは1人でおすわりができない子がほとんど。飲み込んだものがスムーズにのどを通るように、しっかり大人が抱っこし、赤ちゃんの上体を起こして、背筋をなるべく伸ばすようにして食べさせましょう。

Q.母乳が大好きなのですが5ヶ月になったら始めた方が良い?
A.発育が順調であれば6ヶ月中には始めましょう

月齢はあくまでも目安ですから、この記事に書かれているような様子が赤ちゃんに見られるかが大切です。母乳の赤ちゃんの場合、泣いたらおっぱいと決めつけず、抱っこをしたりしてリズムを整えましょう。はじめて間もない時期は無理強いは禁物ですが、発育が煩調ならば、6カ月中には始めたいですね。

Q.とにかく嫌がって食べてくれません。離乳食が嫌い?
A.慣れるまでの我慢です。焦らず根気よく続けましょう。

初めてのいろんな味にびっくりしているのかも。無理やり食べさせようとするのは逆効果です。一度嫌がったものも、何日かあとに出してみると意外とスムーズに食べてくれるものです。

Q.毎日同じ時間に食べさせないとダメ?
A.なるべく決まった時間にしましょう

母乳やミルク以外の味に慣れ、飲み込むことを覚えていく初期の時期。離乳食をスムーズに食べているようなら、生活リズムを整える意味でも、なるべく決まった時間に食べさせたほうがいいでしょう。

Q.少量を手作りするのはとても大変。BFを利用しても良い?
A.BFは上手に取り入れましょう。

初期の頃は赤ちゃんが食べるのはほんの一口。そのわずかな量を毎回作るのは大変です。BFは上手に使えばバラエティー豊かで便利な素材。手作りできないときや負担に感じるときはBFでもOKです。使い方や作り方、使用量をきちんと守り、期間内に食べさせましょう。

Q.うまくペースト状にするコツは?
A.つぶしやすい食材を選んでかたまりをなくしましょう

離乳初期は特にすりつぶす調理が多いころです。米やいも類、かばちゃなどやわらかい素材を選ぶと◎。やわらかくゆでてすりつぶし、繊維の多いものは裏ごししてなめらかな状態にし、ほどよいドロドロ状にのばします。

Q.新しい食材を食べさせるのは1つの味に慣れてから?
A.赤ちゃんのペースにおまかせしましょう

初期の頃でもおかゆなど炭水化物や野菜などは、1さじ与えて問題がなければ、次の日はほかのものにトライしても。赤ちゃんが気に入っている食材なら、次の日に同じものを量を増やして与えても。赤ちゃんの食べる様子にあわせましょう。

Q.「あ〜ん」としてくれないのでスプーンをうまく口の中にいれられません
A.初めは難しいものですスプーンを下唇に当てて

離乳食の初期の時期は食べ物を見ても「あ~ん」と口を開けることはめったにありません。むしろ舌が出てくることが多いので、そんなときはスプーンを下唇に当て、食べ物を唇で挟み取るのを誘うようにします。口の奥ヘスプーンを入れるのは禁物です。

赤ちゃんの様子を見ながらゆっくり進めるのが大事

食べものに興味があるようだけど離乳食の初期のころは、赤ちゃんにとっては、はじめて口に入れるものですから慎重になってしまいます。

離乳食を食べさせるときは、まず下唇にスプーンを当て、口が開くように促しながらゆっくり与えます。初期のうちは口の端からこぼれてしまいますが、そのつどスプーンですくってロヘ運びましょう。新しい食材を増やすときは、1さじから慎重に進めましょう。赤ちゃんの体調が悪いときも無理は禁物です。

離乳食の初期から慣れてくると食べる量が増えます。便秘になったり、うんちがゆるくなることがあります。でも赤ちゃんの機嫌がよくて、食欲があれば心配はいりません。

こんな様子が見られたら、次のステップヘ

離乳食の初期から少し先の食事への進め方やいつから次のステップ?と思われている時期になる様子を紹介したいと思います。このような様子がうかがえたら離乳食の初期から一歩先へ言ってみましょう!といっても中期の前の初期第2弾のステップです。

こんな様子が見られたら離乳食の初期第2弾へ
唇を閉じて、ゴックンと飲み込めるようになりましたか?また、下記の表にあるようなものを与えてみて、それぞれの栄養素のものが何種類かずつ食べられるようになっていますか?

なめらかにすりつぶした状態から、フワフワ、ベタベタしたジャム状のものが食べられるようになったら、そろそろ次のステップヘ進みましょう。7・8カ月ごろの離乳食メニューと今まで食べていたものを一緒にあげていくと、スムーズに進められます。

[table id=1 /]

離乳食の初期の進め方とレシピ

離乳食を初めたばかりの初期の頃には赤ちゃんの消化機能が未熟なため、離乳食の与え方にはちょっとしたルールがあります。
ただし約束事にあまりこだわりすぎるのも問題です。赤ちゃんの食べ方を見ながらゆっくり着実に進めましょう

最初の離乳食

最初は消化のよい炭水化物のおかゆなどが向きます
なめらかにすりつぶした10倍がゆなど炭水化物が、消化がよく最初のひと口におすすめです。これを初日は1さじ。食べている様子や食後の肌やうんちなど、ふだんと変わったところがないかチエツクしましょう。次の回からは赤ちゃんの様子を見て量を増やします。

・初日
おかゆなどを1さじ分

・2回目
赤ちゃんの反応に応じて量を増やす

最初の離乳食レシピ
10倍がゆ
材料
ごはん…大さじ2
水…………水1/2カップ

作り方
①ごはんはこまかく刻んで鍋に入れ、水を加えて火にかけ沸騰したらふたをして火を弱め、20分煮る。
②① をすりつぶす。

つぶしそうめん
材料
そうめん…20本
白湯…………大さじ1

作り方
①そうめんは短く折って熱湯でやわらかくゆでて、流水で洗う
②① をなめらかにすりつぶし、白湯でのばす。

食べられるようになったら

野菜のペーストを与えますほかの炭水化物の食材も試しましょう

おかゆが食べられるようになったら、すぐに野菜を試してもいいですし、おかゆを与えた次の日に野菜を与える、というやり方もできます。いもはつぶしやすいので、最初の野菜として与えてもよいでしょう。

・初日
野菜を大さじ1
・2回目
赤ちゃんの反応に応じて量を増やす

最初の離乳食レシピ(野菜)

キャベツペースト
材料
キャベツの葉先…1/4枚
湯………………………大さじ1

作り方
①キャベツは、熱湯でやわらかくゆでる。
②①をこまかく刻み、すり鉢ですりつぶす。
③②を湯でのばす。

さつまいもマッシュ
材料
さつまいも…2cm厚さの輸切り1枚
湯………………………大さじ4

作り方
①さつまいもは皮を厚めにむき、水にさらす。
②① をやわらかくゆでで裏ごしをする。
③② を湯でのばす

慣れたら

炭本化物と野菜に十分に慣れたらタンパク質の食材を与えます.

炭水化物の食材と野菜がそれぞれ数種類食べられるようになったら、豆腐や自身魚などタンパク質の食材にトライします。これも最初は1さじから与えます。アレルギーを起こすこともあるので、食後の肌やうんちの状態をチェックして、慎重に進めます。

最初の離乳食レシピ(たんぱく質)

白身魚のマッシュ
材料
白身魚……………1/10切れ
湯…………………大さじ1
水溶き片栗粉…小さじ1

作り方
①白身魚はゆでて皮と骨を取り除き、粗くほぐしてすりつぶす。
②①を湯でのばし、小鍋で煮、水溶き片栗粉でとろみをつける。

豆腐のマッシュ
材料
絹ごし豆腐…3 cm角1個
湯………………大さじ1

作り方
①絹ごし豆腐はゆでて裏ごしをする。
②①を湯でのばす。

離乳食を始めて1ヶ月たったら

離乳食の初期の1ヶ月間、赤ちゃんの色な変化がみられて成長を実感されていますか?

一月が過ぎた頃から赤ちゃんの食べっぷりを見て2回食に進めてもOK

炭水化物、野菜、タンパク質を含む食材がそれぞれ数種類、量もある程度食べられるようになり、食べるのが好きなようなら、開始から1カ月を目安に離乳食の回数は1日2回にしても。まだ、飲み込みがうまくいかないような場合は、1日1回の離乳食を続け、しっかり、食べ物を飲み込めるようにしましょう。

1ヶ月たつころの献立例
1食目
①にんじんがゆ
10倍がゆ小さじ6に、ゆでたにんじん15gを加えてすりつぶす

②豆腐のだし煮
豆腐25gをゆでてすりつぶし、だし小さじ2~3を加えてひと煮す。

2食目
①トマトパンがゆ
8枚切り食バン1/4 枚をひたひたの水でやわらかく煮、溶いた粉ミルク少々を加えてひと煮し、すりつぶしたトマトー5gに水少々を加え煮て、トッピングする。

②煮りんご
りんごのすりおろし小さじ2に水少々を加え煮る。

離乳食の初期の頃にイライラを募らせないために大事なこと

離乳食の初期の頃はママにとっても赤ちゃんに撮っても「試練の時」です。ママはこれ食べてみてという親心、赤ちゃんにとっては「なんだそれ!おっぱいくれ!」という時期と重なるからです。

私自身も初期の頃には、大変苦戦しました。一人で考えたり旦那に相談してみたりと、でもですね、正直、初期のころを相談する相手は自分のお母様や旦那のお母様、または最近、離乳食をクリアした友達ママなどに聞いてみるのが一番ストレスなく子育てを楽しめるコツです。

親としては早く離乳食を食べれるようになってほしいという気持ちはわかりますが、赤ちゃんにとっては母乳以上のごちそうをまだ知らない頃です。初期の頃はなにかと心配もありますが、結構気長に楽しんでみましょう。

離乳食の初期の頃についてののまとめ

これから少しずつ母乳やミルクから離乳食にうつっていく大事な初期の時期、赤ちゃんにとってもはじめての体験なので、なんで食べてくれないの?とあまりストレスに感じる事なく赤ちゃんのペースにある程度まかせる事も大事です。
離乳食の初期の頃ならではの楽しいエピソードなどを探してみたり、初期の頃ならではの赤ちゃんの表情の変化などを写真に残してみたり、子育てが始まったときの思い出として残しておくのも良いでしょう。

これから始まる離乳食の初期の頃を楽しんでチャレンジしていける事を幸せに感じてください。