生理痛の病院受診

*

生理痛の病院受診

生理痛の時は病院受診をお勧めします

<生理痛を我慢しないでください>
生理の時に、生理痛があるのが当たり前だと思っていらっしゃいませんか?
生理痛の原因の中には病気が潜んでいる可能性があるのです。
婦人科系疾患の中には、初期症状に生理痛という病気も多くあります。

ですので、生理痛がある場合は、産婦人科へ受診する事をお勧めします。
病気の診断以外にも、病院で診察し自分自身に合ったお薬を出してもらう事で、生理痛を緩和させることもできるのです。

産婦人科へ受診する事に抵抗のある女性もいらっしゃるかもしれませんが、同じような悩みを抱えて受診している方が多くいらっしゃいます。
もしも、ほっておいて病気が悪化してしまうと、生理痛が酷くなるうえに妊娠できない体になってしまう可能性も出てきます。
そのような事になったら、悔やんでも悔やみきれませんよね。

<病院へ行くタイミングはいつ?>
生理痛のある女性の多くが、どのタイミングで病院へ受診すれば良いのか迷っていらっしゃるのではないでしょうか。

「生理中には生理痛が起こるのは当たり前」とか、「これくらいの痛みで受診する人はいないのではないか」と思っていらっしゃる方もいると思います。
痛みの度合いや感じ方は、個人差がありますので自分自身で見極めなければいけません。
その見極め方ですが、
 ・毎月の生理痛が日常生活に影響が出る痛さがある。
 ・生理痛の際には鎮痛剤が欠かせない。
 ・鎮痛剤が効かなくなってきた。
 ・経血が多く、トイレに頻回に行っても漏れてしまう事がある。
 ・年々痛みが酷くなる。   
などがある場合は、産婦人科へ受診する事をお勧めします。
この他にも、生理に対して不安がある場合は、産婦人科を受診し医師に相談してください。
必ず、解決策はあるはずです。

<婦人科で行う検査とは?>
病院によって違いますが、まずバイタル測定や検尿を行う病院があります・
次に、問診を行います。
どのような症状がいつから起こっているか等を質問されます。

その後、必要な場合内診を行います。
内診は、下着を脱ぎ、専用の診察椅子に座って診察してもらいます。
この診察椅子で膣や子宮などの状態を見る為、膣からエコーを挿入し診察するのです。
不安はあると思いますが痛みは全くありませんし、プライバシーを考慮するために、医師の顔が直接見えないようにカーテンもされていますので安心してください。
エコーの検査の他にも、おりものの検査や触診を行います。

内診以外の検査では、必要時に血液検査やMRIやレントゲン等の検査も行います。
人によって症状が違うので検査内容は変わってきますが、しっかり検査する事で、生理痛の原因が解りますので、きちんと調べてもらってください。

もしも、男性医師に抵抗がある場合は、女性医師のいらっしゃる病院へ行って下さい。

生理痛の病院受診関連ページ

漢方で生理痛を改善
生理痛を緩和させる方法で漢方ってどうなの? <漢方で体質は変わるの?> 生理痛をブロックする為の鎮痛剤ではなく […]
アロマテラピーでひどい痛みを緩和
生理痛の辛い痛みを緩和するのにアロマテラピーはいかがですか? <どのにおいに効果があるのか?>  アロマテラピ […]
骨盤矯正で歪みを治す
骨盤矯正で体の歪みを治して <生理痛の原因の一つが体の歪み> 体の歪みが、生理痛の原因の一つなのです。 体がゆ […]
膣洗浄で清潔に保つ
膣洗浄を行う事で膣を清潔に保つ <膣洗浄って何?> 膣は、とても敏感な場所です。 免疫力が低下している時は特に […]
ピルで生理痛を抑える
生理痛を抑える方法~ピルの内服~ <ピルってどんな物?> ピルと聞けば、避妊薬と思う方が多いのではないでしょう […]
生理痛に効く市販薬について知ろう
生理痛の時に飲むお薬 <生理痛を緩和させる薬> 生理痛の際に鎮痛剤を内服している女性は多いのではないでしょうか […]