ピルで生理痛を抑える

*

ピルで生理痛を抑える

生理痛を抑える方法~ピルの内服~

<ピルってどんな物?>

ピルと聞けば、避妊薬と思う方が多いのではないでしょうか?
確かに、ピルは避妊薬ですし、避妊できる確率がとても高いお薬です。
ですが、避妊薬が目的として内服する以外にも、内服する目的があるお薬なのです。
 例えば、生理痛の改善や子宮内膜症、子宮がんや卵巣がんの予防として使用しているのです。

ピルとは、女性ホルモンのお薬で、体の中の卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量を調整する役割を果たします。
ピルを内服すると、体内の女性ホルモンの濃度をあげ妊娠している状態をつくり排卵が抑制されて妊娠しにくくなるのです。
 女性ホルモンの濃度を上げることによって排卵が抑制される事によって、経血が少なくなり生理痛が軽くなるのです。

 経血が多く生理痛のある方には、ピルの効果が発揮されます。
鎮痛剤のように、痛みをブロックするのではないですし、飲み続けても効果が薄れる事もありません。
 鎮痛剤を内服するのとは違い、ホルモンの量を調整し生理痛を緩和させる事ができるのです。
個人差はありますが、鎮痛剤を内服するよりピルを内服する方が、生理痛を緩和できたという声を多く聞きます。

<ピルの内服方法>

ピルは、医師の処方箋が必要で、産婦人科で処方してもらえます。
避妊目的以外でも、生理痛でもピルを処方してもらう事が出来るのです。
 産婦人科へ行く事に抵抗がある人もいらっしゃるかもしれませんが、生理痛の原因に子宮内膜症などの病気が潜んでいる可能性もあります。
 その、生理痛の原因を追及するためにも産婦人科を受診する事をお勧めします。
 また、あなたと同じように生理痛などの症状で苦しんでいる女性が多く受診していますので、不安に思わないでください。

 処方されたピルは、毎日同じ時間に飲み続けなければいけません。
何時に内服するかは、自分自身で決める事が出来ますが、飲み忘れしにくい、朝食後や昼食後などに設定する事をお勧めします。
 2日内服忘れてしまうと、生理が始まってしまいますので、飲み忘れが無いように注意してください。
 また、内服忘れをしてしまった際にどうしたらよいかは、かかりつけの医師に相談し指示を仰いでください。

 ピルを内服するに当たっては、きちんと医師から指示や指導を受けその内容をきちんと守ってください。
服用方法を守らなければ、副作用が出て自分自身が苦しむ結果となってしまいますので注意してください。

ピルで生理痛を抑える関連ページ

漢方で生理痛を改善
生理痛を緩和させる方法で漢方ってどうなの? <漢方で体質は変わるの?> 生理痛をブロックする為の鎮痛剤ではなく […]
アロマテラピーでひどい痛みを緩和
生理痛の辛い痛みを緩和するのにアロマテラピーはいかがですか? <どのにおいに効果があるのか?>  アロマテラピ […]
骨盤矯正で歪みを治す
骨盤矯正で体の歪みを治して <生理痛の原因の一つが体の歪み> 体の歪みが、生理痛の原因の一つなのです。 体がゆ […]
膣洗浄で清潔に保つ
膣洗浄を行う事で膣を清潔に保つ <膣洗浄って何?> 膣は、とても敏感な場所です。 免疫力が低下している時は特に […]
生理痛に効く市販薬について知ろう
生理痛の時に飲むお薬 <生理痛を緩和させる薬> 生理痛の際に鎮痛剤を内服している女性は多いのではないでしょうか […]
生理痛の病院受診
生理痛の時は病院受診をお勧めします <生理痛を我慢しないでください> 生理の時に、生理痛があるのが当たり前だと […]