男女の産み分けについて

*

男女の産み分けについて

誰もが男の子がいい、女の子がいい、という理想ってありますよね。これからその産み分けをしていくのであれば、まずは産み分けの基本的なことを知っておきましょう。
産み分けについて実際のところはどうなのか、リスクはあるのかなど知っておくことはとても大切です。また、夫婦で納得してから産み分けをすることもとても大事です。

産み分けの気になる確率って?

まず気になるのが、産み分けの成功率です。産み分けをするのですからより高い確率を求めるのは当然のことです。
ただ、現在残念ながら100%成功するという産み分け方法はなく、どこかで取り組みの詰めが甘いところがあったり体質によってできなかったのか、原因もわかっていません。
ですから「産み分け=希望の性別の子」というわけではないことを知っておいてください。

産み分けの実際のところですが、男女ともに約80%程度の確率で成功するということです。意外と成功率って高いなと思う人が多いのでは?8割が成功するなら、十分に挑戦する価値があると思います。

産み分け成功者とそうでない人の「差」って?

産み分けに挑戦するうちの80%が成功すると前述でありましたが、残りの20%は望み通りの結果になっていないということです。そもそも産み分けの前になかなか妊娠できない人もいれば、一度で成功してしまう人も。
産み分けがうまくできない原因として挙げられるのが「先天的な体質」にあります。たとえば、生まれつき「膣内の酸性が高い」ということやオルガズムを感じにくいなどの体質が挙げられますが、これは変えることができませんよね。
さらに、産み分けに欠かせないのが「排卵日を特定する」ということ。これは専門医でも難しいことですから、産み分けは大変なことであるということもわかりますね。

大切なことは、産み分けの仕組みを理解して取り組むこと。80%の確率にかけて望み通りの結果でなくても、自分の愛する赤ちゃんであることに変わりありません。ですから、しっかりと愛情を注いで育てていくことが最も大切なことかもしれません。

高齢出産では産み分けリスクが高い

女性のライフスタイルが大きく変わってきたことによって、男性のようにバリバリ働く女性が増えたりして晩婚傾向にありますよね。そのため、高齢出産の割合が増えているのも事実。
高齢出産と言うのは「40歳以降」の妊娠や出産のこと。20代や30代と比べると妊娠率が低下するので、高齢になればなるほど妊娠しづらくなります。

また、さらに産み分けをするならば妊娠のためのセックス以外、避妊するということになります。産み分けに挑戦するときには最低3ヵ月は基礎体温を測るため、避妊しなければなりません。
3ヵ月が経っても、1ヶ月に1回のセックス以外は避妊をすることが必要ですから、産み分けをするということは、産み分けをせず自然に妊娠を待つ場合に比べると妊娠率が下がることになります。

このように、高齢出産での産み分けについては、期間が長くなってしまうことや赤ちゃんができないかもしれないというリスクがあることを知っておいてください。
それでもやっぱり産み分けをして妊娠を望むという場合には、夫婦でしっかり話し合って検討してみましょう。

男女の産み分けについて関連ページ

産み分け女の子を授かりたい
男の子ももちろんですが、女の子の産み分けというのはより難しいと言われています。ですが、しっかりとここで手順をチ […]
産み分け男の子を授かりたい
ここでは、男の子を妊娠したいという人のために産み分けのための具体的な方法をご紹介していきます。押さえておきたい […]
産み分けの仕組み
産み分けをしたいとどんなに思っていても、どういった仕組みになっているかを理解しないと産み分けにチャレンジするこ […]
産み分けの認識
産み分けをするには、まず夫婦が協力し合うことが必須。夫婦でお互いに目指すゴールが一緒なのだと意識して、うまくい […]