産み分けの仕組み

*

産み分けの仕組み

産み分けをしたいとどんなに思っていても、どういった仕組みになっているかを理解しないと産み分けにチャレンジすることはできません。
ここでは、どうして産み分けすることができるのかということを理解していき、具体的に産み分けに入る前の知識を把握していきましょう。

精子は2種類、これで男の子か女の子か決まる!

まず、男性の精子には「X精子」と「Y精子」の2種類があるということを知っておいてください。そして、産み分けはこのどちらかの精子が受精するかで性別が決まるという仕組みになっているのです。
X精子とY精子ですが、X精子が卵子と受精すると女の子に、Y精子が受精した場合は男の子が生まれます。

酸性に強いX精子とアルカリ性に強いY精子

精子というのは、基本的に酸性の中だと動きが鈍くなってしまい、逆にアルカリ性の中であれば活発に動くようになります。X精子(女の子)は酸性に強く、逆にアルカリ性の中であればY精子(男の子)の方が活発に動くというわけです。

子宮の中や子宮頸管の中と言うのはアルカリ性になっていて、膣内は酸性になっています。これが排卵日が近づくと子宮頸管から粘液が分泌されるので、膣内の酸性度が中和されます。これによって排卵日直前にはY精子(男の子)に有利な環境となるわけです。
ですから、これを利用して男の子を産み分けたいというときには、Y精子(男の子)に有利な排卵日の当日を見計らってセックスする方法をとるのです。
また、さらにセックス中に女性がオルガズムを感じることによって子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌されるので、Y精子にとって有利な状況を作ることができるのです。

短命=Y精子、長命=X精子

女の子を産み分けたい場合のX精子の寿命は約3日と長めで、逆に男の子を産み分けたい場合のY精子の寿命は約1日と短いもの。
この性質をうまく利用して、排卵日の2日前にセックスをすれば排卵時にはX精子(女の子)しか残っていないことになるので、女の子を産み分けられる可能性が高いということですね。

産み分けの仕組み関連ページ

産み分け女の子を授かりたい
男の子ももちろんですが、女の子の産み分けというのはより難しいと言われています。ですが、しっかりとここで手順をチ […]
産み分け男の子を授かりたい
ここでは、男の子を妊娠したいという人のために産み分けのための具体的な方法をご紹介していきます。押さえておきたい […]
産み分けの認識
産み分けをするには、まず夫婦が協力し合うことが必須。夫婦でお互いに目指すゴールが一緒なのだと意識して、うまくい […]
男女の産み分けについて
誰もが男の子がいい、女の子がいい、という理想ってありますよね。これからその産み分けをしていくのであれば、まずは […]