産み分け女の子を授かりたい

*

産み分け女の子を授かりたい

男の子ももちろんですが、女の子の産み分けというのはより難しいと言われています。ですが、しっかりとここで手順をチェックして具体的な取り組み方を学んでいきましょう。

産み分け=妊娠=排卵日を知ろう

まずは、男の子の産み分け同様に女の子を産み分けるのには自分の「排卵日」がいつか知っておきましょう。産み分けをするためというよりは妊娠するためにも必ず必要なことですが、毎日基礎体温を測ることである程度排卵日の目星を付けることができます。
女の子を産み分ける場合には、X精子(女の子)に有利な膣内環境を作っておかなければなりません。女の子を産み分ける際には排卵日よりも2日前にセックスすることが必要となります。
なぜ2日前なのかというと、Y精子(男の子)の寿命は1日と短く、逆にX精子(女の子)の場合は4日ほど寿命があります。排卵日の2日前でのセックスならばY精子(男の子)は確実に消えてしまっているので、X精子(女の子)だけが残るため女の子を産み分けしやすいというわけです。

自分の基礎体温表を見て排卵予定日をある程度チェックできたら、その予定日2日前にセックスをしましょう。ただ、そのセックスは「淡泊」に終わらせましょう。
ちょっと難しいかもしれませんが、女性がセックスでオルガズムを感じてしまうと膣内がアルカリ性に変わってしまいます。X精子(女の子)は酸性に強くアルカリ性に弱い性質を持っているので、女の子を産み分けたい場合には膣内環境を酸性にキープしたままセックスを行います。
ですから、女性がオルガズムを感じる前にあっさりとセックスを終わらせる必要があるというわけですね。

女の子を産むためのサプリメントって?

男の子を産み分けたい場合にはよく言われるのが「リンカル」というサプリメント。
リンや鉄分、カルシウムといった成分が含まれているサプリメントを長期間飲み続けることで(理由はわかっていませんが)男の子を授かりやすいと言われています。

では、逆に女の子を産み分けたい場合には摂った方が良いサプリメントはあるのでしょうか?
女の子を産み分けた人でよく試していたと聞かれるのが「クランベリーサプリ」です。なぜクランベリーサプリが女の子の産み分けに良いのかということはまったく知られていませんが、ビタミンCやポリフェノールといった体に良い成分が含まれているのは間違いありませんから、試してみても良いかもしれませんね。

女の子を産み分けたい場合の医療機関での取り組み

男の子を産み分けたい場合に、膣内環境をアルカリ性にするというグリーンゼリーがあるのですが、もちろん女の子を産み分けたい場合にも使えるものがあります。それが「ピンクゼリー」です。
ピンクゼリーは、ゼラチンに酢などの酸性の成分を溶かしてあるものですから、害もありませんし安心して使うことができます。

ピンクゼリーを使うことによって、X精子(女の子)に有利な膣内環境を作ることができます。女の子を産み分けたいという人のために多くの医療機関で処方されています。
ですから、女の子を産み分けたいというときにはぜひお医者様に相談してみてくださいね。

産み分け女の子を授かりたい関連ページ

産み分け男の子を授かりたい
ここでは、男の子を妊娠したいという人のために産み分けのための具体的な方法をご紹介していきます。押さえておきたい […]
産み分けの仕組み
産み分けをしたいとどんなに思っていても、どういった仕組みになっているかを理解しないと産み分けにチャレンジするこ […]
産み分けの認識
産み分けをするには、まず夫婦が協力し合うことが必須。夫婦でお互いに目指すゴールが一緒なのだと意識して、うまくい […]
男女の産み分けについて
誰もが男の子がいい、女の子がいい、という理想ってありますよね。これからその産み分けをしていくのであれば、まずは […]