セックスの回数

*

セックスの回数

妊娠するためには、ただ単にセックスをする回数を増やせば良いというわけではありません。排卵日に合わせたタイミングでなければ、卵子と精子は出会わないのでそちらの方が重要です。
より効率よく妊娠するために、セックスの回数についても見ていきましょう。

どれくらいの回数のセックスが妊娠しやすい?

どの時期にセックスすれば妊娠しやすいかということなのですが…。
まず、1ヶ月の中でいつごろ排卵日があるかということをある程度知っておかなければなりません。また、卵子と精子にはそれぞれ寿命がありますから、このことを頭に入れて計算しておきましょう。
精子の寿命は約4日、対する卵子は排卵されてから約1日となっています。ですから、排卵日の約3日前から排卵日を含めて4日間が妊娠しやすい期間と言えます。
この期間に何度かセックスをすることによって、妊娠の確率がアップするということですね。

毎日すると妊娠しにくいってホント?

ただ、妊娠したいからといって義務的にその期間毎日セックスするのはあまりオススメできません。
よく「毎日セックスすると精子の濃度が薄くなる」なんて言われますが、それは違います。一定期間だけ集中して行うセックスは、お互い妊娠のためという目的だけで義務的になってしまいます。
それ以外の期間セックスレスになってしまうことも少なくありませんから、やっぱり集中して行うのは避けた方が良いでしょう。

では、どれくらいの頻度でセックスをすれば良いのでしょう?
よく言われるのは、この妊娠しやすい4日間の間に2回です。そろそろ排卵日だと思う3日前に一度、そして排卵日当日を狙ってもう一度する、というふうに夫婦で少し計画を立ててみてくださいね。

・妊娠しやすい期間以外のセックスって意味ないの?

さて、前述のように書きますと「妊娠しやすい期間以外にセックスしても意味がない」…なんて思ってしまうかもしれません。確かに、この期間以外のセックスで妊娠する可能性というのは、どう考えても低いですよね。

ですが、逆にセックスをしない期間が続いてしまうと、必然的にセックスの回数も減ってしまいます。すると、精子をつくる力が低下してしまうので常に新鮮な精子を作り出している状態にする方が良いのです。
それ以外にも、夫婦での愛情を深めるためや精神的な観点からも夫婦で定期的にセックスを楽しむことをオススメします。妊娠しやすい期間だけを狙ってセックスをするのは、ちょっと義務的な感じがしてやる気も起こらなくなってしまいますよね。

特に男性は、このような義務的なセックスを嫌います。夫婦がお互いに気持ちよく楽しむことのできるセックスを心掛け、妊娠目的ということを押し付けずにセックスをしてくださいね。

セックスの回数関連ページ

オルガズムと妊娠の関係
妊娠しやすいセックス。そのポイントとして挙げられるのが、女性がオルガズムに達することです。オルガズムに達すると […]
妊娠しやすい体位ってあるの?
「妊娠しやすい体位」って、ご存知でしょうか?多くの精子を子宮に送り込むことができれば、もちろん受精の確率もそれ […]
セックスレスへの取り組み
夫婦間に欠かせないのがセックス。みなさんは夫婦間のセックス、うまくいっているでしょうか?妊娠したいとどんなに望 […]