不妊について

*

不妊について

多くの方が悩む「不妊」ですが、そもそも不妊とはどういった状態を言うのでしょうか?自分の不妊の原因を考える前に、不妊に関する基礎知識を知っておきましょう。

不妊って?

不妊というのは「妊娠したいと思い、普段通りの性生活をしているにも関わらず、2年経っても妊娠できない状態」のことを言います。
避妊をしなければ1年以内に約80%、2年以内に約90%の方が妊娠しているということから言われていることで、残りの10%についてが不妊であるということになります。
最近では、1年以内が不妊かどうかのタイムリミットであるということもよく言われますが、いずれにしても1年経っても妊娠できないという場合は何らかのサポートが必要となるかもしれません。

不妊治療を受けている夫婦の数って?

では、日本ではどれくらいの夫婦が不妊治療を受けているのでしょうか?
15〜44歳までのいわゆる生殖年齢の夫婦の約10%ほどが不妊だということは前述にもありましたが、その数はなんと140万組以上もいると言われています。

しかし、この中で実際に不妊治療を受けている夫婦の数はわずか40万組ほど。データでは少ないように見えるかもしれませんが、40万組もの夫婦が不妊治療を受けているということを考えると決して少ないわけではありません。

不妊治療に対する受診率が低い理由は?

不妊で悩む夫婦の数に対して実際に不妊治療を受けている夫婦の数を考えると、不妊治療で受診している割合は低いものです。
では、なぜこんなに受診率が低いのか、その原因には次のようなことが挙げられます。

不妊治療の経済的負担

・通院のための時間的負担
・治療で受ける痛み・精神的なストレス
・治療での副作用
・不妊に関する知識不足
・妊娠願望の低下

この他にも不妊に気付かず、普通通りに生活をしていれば「まさか自分が不妊であるなんて」「いつでも子どもを作ることができる」というように思ってしまっている可能性もあります。
しかし、不妊にはいろいろな原因がありますから、その原因を放っておいたりせずにしっかり夫婦で現実に向き合うような姿勢を持ちましょう。

不妊治療を受ければ必ず妊娠できる?

不妊治療を受ければ必ず妊娠できるのか、ということは多くの方が気になることだと思います。
このことについては、統計的なデータなどがないために正確な確率がどれくらいなのかはわかりませんが、約50%ほどの確率で妊娠ができるというようです。
このほとんどが一般不妊治療と呼ばれるもので、人工授精やセックスについてのタイミングを指導する内容のようです。

不妊治療を受ける=確実に妊娠できるわけではない、ということを知っておいてくださいね。

不妊について関連ページ

二人目不妊
最近増えているのが「二人目不妊」と呼ばれる不妊。そもそも二人目不妊というのはどういったことを言うのでしょうか? […]
不妊の原因
不妊となる原因はさまざま。しかし「不妊=女性が原因」と考えてしまうのは大きな間違いです。不妊の原因となるのは女 […]