不妊の原因

*

不妊の原因

不妊となる原因はさまざま。しかし「不妊=女性が原因」と考えてしまうのは大きな間違いです。不妊の原因となるのは女性だけでなく男性にもあり得ることです。
男女ともに、実際に不妊となってしまう原因を見ていきましょう。

不妊の原因って?

「不妊の原因」と聞くと、多くの方は女性側に問題があるのではと考えてしまいませんか?実は、不妊の原因となるケースは男女ともにほぼ同じ割合であるという状況になっているのです。

男性不妊…40%
女性不妊…40%
男女双方不妊…15%
原因不明…5%

このように、不妊の原因となるのは男女ともにありますから、原因を突き止めるには夫婦で協力して取り組むことが何よりも大切なのです。

女性の不妊原因とは?

女性が原因の不妊では、受精から着床するまでのどこの段階で問題が起こるかによって、このように分けることができます。

<卵管因子>
女性が原因の不妊で最も多いと言われているケースです。卵管の異常、たとえば炎症を起こしていたり周りの器官と癒着しているなどの異常がある場合、排卵された卵子ややってきた精子が正常に運ばれず受精しにくくなります。
よく不妊の原因だと言われる子宮内膜症やクラミジアなども、このケースになります。

<排卵因子>
卵子に問題があったり、排卵がきちんと起きていないケースです。排卵を促してくれるホルモンが不足していることや、卵巣自体に問題がある場合も。
卵巣というのは加齢によって機能が低下していくので、特に高齢出産である場合はこのケースに繋がることが多いようです。

<子宮因子>
子宮に問題があって、着床が正常にいかないケースです。この原因は、たとえば子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどといった病気によって着床が妨害されることが多いようです。
子宮内膜というのは黄体ホルモンの働きによって受精卵を受け止める準備をするのですが、それがうまくいかずになかなか着床できないという場合もこれに含まれます。

<頸管因子>
排卵期になると頸管粘液が分泌されて精子が子宮に行き届くようサポートをするのですが、この頸管粘液の量が十分ではないためになかなか精子が届かないというケースです。
分泌量だけでなく、頸管粘液そのものに問題がある可能性も。

男性の不妊原因とは?

不妊で男性が原因となってしまうケースには、精子が正常に作られないことが最も多いようで、男性の不妊ではこの精子の生成異常が半数以上と言われています。
特に、最近では精子の量が減少していると言われていて、男性が原因の不妊割合がとても高くなってきているという調査結果もあります。

<造精機能障害>
精巣で精子が十分な量作られないケースです。精子量が少ないということは、必然的に卵子まで届く精子の量も少なくなるということ。
また、精子の運動率が低いということも言われるのですが、この原因としては前立腺や精子を作る精巣に細菌が感染していることが多いようです。

<精子輸送路障害>
精子に問題があるというわけではなく、その精子を送り出す精管が正常でないケースです。精管が閉じたり狭くなっている場合には精子がなかなか放出されないために精子量が不足していまい、不妊の原因となります。

<勃起障害>
男性気が勃起しない、もしくは勃起はするけどもそれが持続しないというケースで、いわゆるEDのことを言います。原因はストレスなどの精神的な原因によるものが多いと言われています。
また、勃起はしても射精時に精液が十分に射精されないなど、射精に問題がある射精障害のケースもあります。

不妊の原因関連ページ

二人目不妊
最近増えているのが「二人目不妊」と呼ばれる不妊。そもそも二人目不妊というのはどういったことを言うのでしょうか? […]
不妊について
多くの方が悩む「不妊」ですが、そもそも不妊とはどういった状態を言うのでしょうか?自分の不妊の原因を考える前に、 […]